企業でもご自宅でも毎月必ずかかる固定費。その中でも、ステイホームが続く中で光熱費を見直す人が増えています。エアコンの使用量も増えるこれからの季節、あなたの企業・ご自宅の電気代はいくら安くなるのか?「手続きが面倒そう」「いくら安くなるかわらかない」そんな不安も解消します。ぜひご参考ください。

【続々と登場する新電力/電気は選ぶ時代】

新電力とは、「電気を販売する企業」を指す言葉です。「電気の小売りを行う会社」、つまり「小売電気事業者」となります。
2016年の電力自由化によって、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。 
※新電力について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。
その結果、大手電力会社になかった自由な電気料金プランを設定し、光熱費を削減する人が増えてきています。

【コストダウンの効果はずっと続く】

電気代の削減といえば、照明をLEDにする、こまめな節電などがありますが、一番効果的なのは電力会社の乗り換えです。
さらに、電気・ガスのセットプランを販売している会社もあり、セット契約をすることで割引が適用されたり、支払いをひとつにまとめられるメリットが得られます。
例えば東京電力からLooopでんきに切り替えた場合は下記のような削減効果が期待できます。

【停電や供給リスクは変わらない】

新電力へ変えることで心配なのは、電気の品質低下や停電リスクがあげられますが、電力が供給される送電網は従来の大手電力会社と同じものが使われます。変更するのはあくまでも小売部門だけなので「急に電気が使えくなった」「電気の質が低下した」などのトラブルは起こりません。

【手続きは面倒?】

固定費の中で、光熱費の見直しは何よりも手軽に始められる節約術です。
電力会社の切り替えは、インターネットで申し込みをするだけ。現在の電力会社への解約手続きは切り替え先の電力会社が行うため、申し込むだけのワンステップで簡単に切り替えができます。
まずはご自身の企業やご自宅の電気代がいくら安くなるのか、 簡単シュミレーションから始めてみるのがオススメです。気に入ったプランがあれば、そのままお申し込みいただけます。
一度見直しをしたら削減効果が持続する光熱費の削減、エアコンの使用量が増える今こそ始めてみましょう!