たくさんの電化製品を使うほど、多く支払わなければならない電気代。
家族の人数や使用頻度、季節によって想像以上に電気代がかかっていることもありますよね。
さらに、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークやステイホームなど家にいる時間が長くなり、地球温暖化も重なって電気代が跳ね上がるケースも少なくありません。
では、電気代節約のための効果的な対策は何なのでしょうか。
今、得する人が続出している方法をお伝えします。

【1番効果的なのは電力会社の乗り換え】

1番効果的な節約は、ズバリ電力会社の乗り換えです。
電気代の削減といえば照明のLED化、こまめな節電などがありますが、常に節約を意識するのはストレスになりますよね。
効率的に、かつ継続的に光熱費を削減するには抜本的に電力会社を見直すことが1番効果的なのです。
さらに、電気・ガスのセットプランを販売している会社もあり、セット契約をすることで割引が適用されたり、
支払いをひとつにまとめられるメリットが得られます。
例えば東京電力からLooopでんきに切り替えた場合は下記のような削減効果が期待できます。 

【他の電力会社と何が違うの?】

2016年の電力自由化後、今では700もの参加者数のある電力会社。
Looopでんきは、その中でTOP10にランクインしています。※2020年2月経産省が公開した電力共有実績より

更にTOP10の中でも、最安値に挑戦しています。
なぜそんなに安くなるのか?
その理由は、業界初の「基本料金永年0円(※)」を実現したことにあります。
その為、かかる電気代は「従量料金(使用料)のみ」となり、
従来の電気代と比べると約5~13%前後の電気代の削減を可能にしました。
『解約手数料0円』なので、実際高くなるんじゃないの?と不安の方も安心です。

使用量のみなので毎月の電力量を把握しやすく、「先月はこれだけ使ったんだ」というのがひと目でわかるので、節約意識にもつながります。
さらに、適応範囲が広く一人暮らしの方から事務所・店舗などの法人の方までご利用いただけます。

※動力を除く

【品質・信頼性は大丈夫?】

基本料0円なんてなぜ実現するのか?
品質や信頼性はどうなのか?と不安になりますよね。

電力小売りは、電力の調達がカギとなります。
Looopでんきは、IT技術を駆使し、電力の需要がピッタリになるように予測し調達しているので、原価を安くすることが可能なのです。

また、電力会社を切り替えても供給元は今まで通り地域の電力会社(東京電力など)の送電網を使って電気をお届けするので「停電が増える」「電力の供給が不安定」などの心配は一切ありません。
その為、電気の品質や信頼性は変わらずお使いいただけます。

万が一、事故等で発電設備の供給がストップした場合でも、
地域の電力会社からお客様に安全で安定した電気が供給されます。
固定費の中で、光熱費の見直しは何よりも手軽に始められる節約術です。 電力会社の切り替えは、インターネットで申し込みをするだけ。現在の電力会社への解約手続きは切り替え先の電力会社が行うため、申し込むだけのワンステップで簡単に切り替え(※1)ができます。 まずはご自身の企業やご自宅の電気代がいくら安くなるのか、 簡単シュミレーションから始めてみるのがオススメです。気に入ったプランがあれば、そのままお申し込みいただけます。 一度見直しをしたら削減効果が持続する光熱費の削減、エアコンの使用量が増える今こそ始めてみましょう!
(※1…再点の場合など、解約の手続きをお願いする場合もございます)
~紹介コードは削除せずそのままお進みください~