8月3日現在、最新の有効求人倍率は1.27倍となり、前月より0.03上昇しています。
引き続き「製造業」「建設業」の求人が増加していますが、「飲食業」「サービス業」の求人数も増えつつあります。

8月は、大型連休もあるため比較的求人が減少する傾向がありますが、
フリーターや転職者を中心に9月入社・10月入社への動きは活発になります。

より効果的に、自社のターゲットへ訴求するにはどのような打ち出し方が良いのでしょうか。
各属性に分け、注意点とともに解説していきます。

●学生

9月末まで夏休みの為、夏のイベントへ向けて稼ぎたい時期。
即勤務可能、日払いOKなどの工夫が効果的です。

●主婦

子供の夏休みやお盆の帰省があり、中旬までは動きが緩やか。
下旬から少しずつ動きが戻ってきますが、「お子様連れの面接OK」「自宅からのWEB面接OK」など、柔軟に対応できると効果的です。

●フリーター

帰省での周りからの刺激などもあり、正社員を目指す人が増える時期です。
未経験からの正社員デビューも多くなるので、「研修制度充実」などのサポート面が効果的。
また、地方出身者が都市部へ移住したあとで再び地方へ移住するUターンや、
都市部から地方へ移住するIターン採用も狙い目です。

●中途正社員

夏のボーナス後の転職者の動きが活発になる時期。
9月・10月入社を目指す人は他社との選考を並行している求職者も多い為、応募からのレスポンスの速さや柔軟な日程提示が効果的です。

求人数が増加するため、掲載には工夫が必要

この時期の採用活動は、中途社員の動きが活発なため「優秀な人材や資格を持った経験者の採用」が期待できます。ただその一方で、優秀な人材の確保のためにはライバルが多く、方法によっては自社の求人が埋もれてしまう可能性も高まります。

多くの企業が8月のお盆明けから本腰を入れて採用活動を行う中で、少しでも早い着手が効果的なのはもちろん、求人広告上での上位企画への掲載や、スカウト機能などを利用し「狙ったターゲットへ直接的なアプローチ」が必要となります。
他にも、今の掲載費用のままでも求人原稿の工夫によって効果が変わる可能性は非常に高いといえます。

この時期に合わせて、各メディアが通常よりも長く掲載出来るキャンペーンや、企画アップのキャンペーン等を数多く実施しています。
うまく利用し、優秀な人材の採用を目指しましょう。
求人広告代理店GRAEMでは、
全国47都道府県対応が可能、様々なタイプの求人サイトの取扱いがありますので、
各企業様の中途・アルバイトパートの採用ニーズにお応えします。
サイト上では公開できないプランも多数ございますので、お気軽にご連絡ください。